本園について

幼児期にふさわしい遊び=体験を通して心身ともに豊かな子どもに。

御濠端幼稚園の子どもたち

幼稚園は、子どもたちが保護者から離れ、自分で生きていく初めての社会(集団)生活の場です。幼稚園として、子どもたちのありのままの姿を認め、受け入れることが大切だと考えています。
そうした考えを基盤にして、子どもたちが安心して好きな遊びを楽しめることを大切にしています。
小学校教育の先取りをするのではなく、幼児期に相応しい意欲的な生活=遊び=体験を通して学び、心身ともに成長していくことができるよう支え・見守っています。
子どもの自発的(=他から命令されたり強制されることなく自ら進んで)、主体的(=自分の意思・判断によって行動する)な遊び・活動を通して学び合い、育ち合っていくことができるようにと考えています。

子どもが主人公として

子どもが主人公

自ら心を動かし「やりたい」「やってみたい」ことを、夢中になって楽しむことが大切です。と言って、好き勝手なことばかりしているわけではありません。
その遊び(=生活)を通して自分の思いを伝え、相手の気持ちを知り、どうしたら楽しく遊べるか?を考え、ルールも共に創り上げていきます。また、当番の活動などでも、同じことでしょう。自分の思いを発揮して心を満たして園生活を送ること=自分の道を歩むことになります。

行事への取り組みでも、保育者が先頭に立って「○○があるからこれをしましょう」ではなく、「みんなで何か楽しいことをしよう」と、子どもたちがやりたいこと・考えを出し合い、形となっていきます。こうして、自分たちが考え、その思いを実現することを通して、満足感・達成感・充実感を得ていきます。 それが、喜びと自信となり新しいことへの意欲へと繋がっていきます。

小規模園だからこそ

小規模園だからこそ

年齢によるクラス編成はありますが、遊んでいる時には学年の枠なく一緒に遊んでいます。各学年一クラスずつの家庭的な雰囲気を大切にしています。そのような中で、異年齢同士のつながりも深まっていきます。

年少・年中児は、同年齢同士の遊びも豊かになっていきますが、年長児の遊びや活動を見て学び、憧れをもって成長していきます。

また、年長児は、自分たちが「お兄さん、お姉さんなのだ」との自覚を持ち、年少・年中児を助けたり、気遣ったりとの思いやりの心が育っていきます。

こんな人に成長してほしい
と願っています。

  • 神様を敬い、お互いの幸せと平和を
    願い求め、実現することのできる人

  • 自分で考え、判断し、
    行動することのできる人

  • 自分の言動に責任を持てる人

おほりばた3つのポイント

point01

服装は自由。
型にはめず、のびのびと。

子どもの個性を尊重し、衛生面を考慮して、型にはめず自由にのびのびと活動できる服装で登園します。

point02

大好きなお母さん(家族)が
作ってくれるお弁当!

  • 子どものことを一番よく知っている保護者が、健康・栄養状態を考慮し作ってください。
    (体調によっても食べられるものや量は違ってきます。)
  • お弁当の時間は、身体の栄養を得るだけではなく、心の栄養を得る時でもあります。大好きなお母さん(家族)が作ってくださったお弁当をいただくその時、ホッとするひと時です。
  • 凝ったもの・特別なものを作る必要はありません。
point03

保護者による送迎のいいところ

  • 送迎は、保護者が付き添っていただいています。(祖父母や代理の方を含む)
  • 親子
    会話を楽しんだり、絆を強める貴重な時と考えています。
  • 保護者と保育者
    顔を合わせて家庭でのこと、幼稚園でのことを直接伝え合うことが出来るのは、信頼関係を築いていく上で大切なことだと思っています。心配なことがありましたら、いつでもご相談ください。
  • 保護者同士のコミュニケーションの機会として
    我が子だけではなく、他の子どもの様子も知り、同じ子育てをしている保護者同士、共感し合ったり、助け合うことも大切に思っています。
  • 送迎用の駐車場がありますので、自家用車での送迎も可能です。

先生の紹介

  • 理事長 栢沼伸芳(のぶよし先生)

    理事長 栢沼伸芳(のぶよし先生)

    私も当園の卒園生の一人です。
    おもいっきり園庭で遊んだことが一番の思い出です。
    園庭に当時の遊具は、もう残っていませんが、園舎も、子どもたちの自主性を育てる方針も変わることなく引き継がれていることをうれしく思っています。
    これからも小規模園の強みを活かして、子どもたちひとりひとりを大切にする園であり続けることができるように運営にたずさわってまいります。

  • 園長 島田美緒(みお先生)

    園長 島田美緒(みお先生)

    「幼稚園楽しい」「御濠端幼稚園で良かった」
    子どもたちはもちろん、保護者の方にもそのように思っていただけるよう、日々の保育を大切にし、心を尽くしていきたいと思っています。
    幼稚園生活の中では、楽しい・嬉しいことだけではなく、悔しい・悲しい思い、我慢することも体験するでしょう。そのような体験を通して、人として生きていく上で大切なことを学び成長していきます。共に歩む仲間として、子どもたちの成長する力を信じて、見守り・支えていきたいと思います。

  • ゆうこ先生(主任)

    ゆうこ先生(主任)

    結婚前に7年間勤め、3人の我が子も、大好きなこの幼稚園の卒園生。そして、再び子どもたちに囲まれる幸せな日々に感謝です。子どもたちの心に寄り添い、毎日楽しく遊んでいます。

  • こずえ先生

    こずえ先生

    子どもたちの成長を日々感じることができて、とても幸せに感じています。子どもたちにとって、幼稚園が楽しく安心できるところになるようサポートしていきたいと思います。

  • はな先生

    はな先生

    成長していく子どもたちの姿を見守り、共に楽しく遊んでいます。日々の生活に感謝しながら、子どもたちが安心して過ごせるように一人ひとりの思いを受け止め、寄り添っていきたいと思います。

  • かつみ先生(事務・フリー)

    かつみ先生(事務・フリー)

    保育者として勤め、保護者として我が子を通わせ、そして再び働くことが出来、とても幸せを感じています。毎日、子どもたちの笑顔から元気をもらっています。

  • 小田原教会 豊田通信牧師(みちのぶ先生)… 子どもの礼拝、保護者への話しを担当します。
  • 保育補助スタッフ … 園児数やその時の状況に応じて、1~5名/日が保育補助を行います。

園の概要

クラス編成

  • ゆり組

    年長(5歳児)

    定員26名

  • はと組

    年中(4歳児)

    定員26名

  • ほし組

    年少(3歳児)

    定員18名

沿革

沿革

本幼稚園は故浅野春子夫人がキリスト教入信50年を記念して、日本基督教団小田原教会に献げられ、1937年(昭和12年)12月1日に教会付属幼稚園として神奈川県知事から設立許可されたものです。

その後1952年(昭和27年)2月23日に学校法人小田原美以学園を設けて、経営をこれに移し今日に及んでいます。

アクセス

施設名 御濠端幼稚園(おほりばたようちえん)
所在地 〒250-0014 神奈川県小田原市城内2-16
●小田原駅から徒歩10分
●小田原城(城址公園)の北側。赤い屋根が目印です。
TEL 0465-23-2958
FAX 0465-23-2290

入園・見学・子育て支援などお気軽にお問い合わせください

受付時間 平日 9:00~17:00

ページトップ